カードローンの利用で叶えたい買い物も楽々「決済スムーズ」

  1. ホーム
  2. 返済が困難な時の対策

返済が困難な時の対策

クレジットカード

金利の低い銀行を選ぶ

カードローンの上手な利用法は毎月の返済を着実に行うことです。そのためには1社に決めて利用するのがベストです。しかし2社3社と借り入れが増えていくと返済額も増えて、毎月の返済が困難になります。そのような事態に陥った時に気をつけたいのが、他社から借りて返済するというやり方です。これをやると借金が雪だるま式に増えてしまいます。複数社から借りていて返済が困難になった時は、借り換えの工夫をするのが一番良い方法です。借り換えというのは複数社の借金の総額を別の1社から借りて、複数社の借金を返済してしまうのです。そうすることによって返済を1社に絞るのです。この時に注意するのが、複数社よりも金利の低い1社に借り換えをするということです。こうすることによって金利が下がり、返済総額を減らすことができます。

おまとめローンを利用する

一般的に消費者金融の方が銀行のカードローンよりも金利が高く設定されています。ほとんどの消費者金融の金利は18パーセントになっていますが、銀行のカードローンは14から15パーセントの金利になっています。複数社が消費者金融の場合、銀行に借り換えすることによって金利を数パーセント下げることができます。これによって毎月の返済額を減らせますし、返済総額も減らすことができます。銀行に借り換えする場合に「おまとめローン」という名前で借り換えを推奨しているところを選ぶと、スムーズに進めることができます。また消費者金融には総量規制というものがあって、年収の3分の1までしか借りることができないのです。しかし銀行には総量規制は適用されないので、その点でもカードローンの借り換えはメリットがあります。